« 仮面ライダー ディケイド第9話「ブレイドブレード」感想 | トップページ | 仮面ライダー ディケイド第11話「555つの顔、1つの宝」感想 »

仮面ライダー ディケイド第10話「ファイズ学園の怪盗」感想

仮面ライダーディケイド FFR04 ファイズブラスター 仮面ライダーディケイド FFR04 ファイズブラスター

販売元:バンダイ
発売日:2009/04/18
Amazon.co.jpで詳細を確認する

待望のファイズ編突入。そして新ライダー、ディエンドが登場のディケイド第10話の感想です。テニス対決が無駄にクオリティ高くて良かったです。今回から挿入歌が入るようになりました。

何故か苗字も違うし名前も真理が由里に変わってますね。タクミは苗字は違いますが名前は一緒です。木場さんはでないのかな~。ファイズと言えば、ライダー側とオルフェノク側から自分が異形の者であることへの苦悩や、戦うことの罪を背負っても大切な人を守るために戦うこと、オルフェノクにもいい奴がいて人間にも悪い奴がいるのだから、どちらかがどちらかを滅ぼすというのではなくオルフェノクや人間というカテゴリーを超越した共存を目指そうといったテーマを平成ライダーの中では最も深く描いた作品だと思います。

さすがにディケイドのファイズ編において上に挙げたテーマを全て盛り込むことは時間的に無理でしょうね。この世界で士がすることはタクミの自分がオルフェノクでも大切な人を守るためという戦う理由を肯定してあげることだと思います。

そして、新ライダーディエンド登場。この新ライダーが登場した時の胸の高鳴りというのは平成ライダーの醍醐味ですね。ディケイドが自身が別のライダーに変身するのに対し、ディエンドは自身は他のライダーには変身せず別のライダーをカードで召喚出来るのが特徴のようです。銃ライダーは平成ライダーでは登場を重ねるごとに弱体化していく傾向にあるのですがディエンドはどうかな。ディエンドこと大樹の登場でディケイド自身の物語も動き出しそうですし益々次回が待ち遠しいです。

仮面ライダーディケイド 変身装填銃 DXディエンドライバー 仮面ライダーディケイド 変身装填銃 DXディエンドライバー

販売元:バンダイ
発売日:2009/04/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

仮面ライダーディケイド FFR06 仮面ライダーディエンド 仮面ライダーディケイド FFR06 仮面ライダーディエンド

販売元:バンダイ
発売日:2009/04/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Journey through the Decade Journey through the Decade

アーティスト:Gackt
販売元:エイベックス・マーケティング
発売日:2009/03/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 仮面ライダー ディケイド第9話「ブレイドブレード」感想 | トップページ | 仮面ライダー ディケイド第11話「555つの顔、1つの宝」感想 »

仮面ライダーディケイド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/206753/28858247

この記事へのトラックバック一覧です: 仮面ライダー ディケイド第10話「ファイズ学園の怪盗」感想:

« 仮面ライダー ディケイド第9話「ブレイドブレード」感想 | トップページ | 仮面ライダー ディケイド第11話「555つの顔、1つの宝」感想 »